トップページ>インフォメーション>まさに「神の手」チック・コリア ソロ

まさに「神の手」チック・コリア ソロ

県民会館中ホール

ステージの息使いが聞えそうな空間。

そこで繰り広げられたチック・コリアのソロ演奏は

まさに「神の手」による「神の音」

もうそこには、ジャズとかクラッシックとか

そんな枠が取りはられ

ひたすら美しい音の世界である。

そして伝わってくるのは

ピアノという楽器への限りない愛情と

貪欲な探究心。

ショパンがそうであるように

チックもまぎれもない「ピアニスト」なのである。

作成日時:2010年12月19日 19:09